参考書コンテンツ【基準足という考え方】

dice-k



基準足という考え方




何の為のテクニカル分析か

でお話しさせていただいた、


ローソク足から金を抜く作業


さて、あなたは

どのローソク足

から、金を抜いていきますか?



そこで持つべきが、

基準足

という考え方。



僕自身は、

1時間足



基準足

として捉えています。



今動いている1時間足1本または、次に出来上がる1時間足1本

が、

陽線になるのか陰線になるのか


それさえわかれば、


チャートから金を抜く


ことが出来ると思いませんか?




この


基準足


あなたは自身は

どのローソク足

に設定しますか?



僕と同じ1時間足でもいいですし、
もっと大きく、ゆっくりと出来上がる4時間足でも
より展開が早い、15分足でも構わないと思っています。


ただし、時間軸が短くなればなるほど、エントリー回数も増え、チャートノイズも増える為、トレードの難易度が高くなってしまうと思ってください。


話を戻して



金を抜く対象のローソク足

が、

陽線だと思えば買えばいい
ですし
陰線だと思えば売ればいい

わけですよね?


また、基準足を設定する大きなメリットとして、

チャートを見る時間管理のしやすさ

があると考えています。


今のローソク足が、陽線か陰線かわからない

のであれば、

このローソク足

が出来上がるまで、

待てばいい。

出来上がったローソク足を見て、

次のローソク足も陽線か陰線かわからない

のであれば、

また、待てばいいんです。


その待っている時間、あなたは何に使いますか?

好きな本を読んでもいい

この参考書の内容を復習してもいい

1時間あるのであれば、ゆっくりお風呂にでも入ればいいし

奥さんや子供と、かけがえのない時間をつくればいい


さぁ、これで

チャートにかじりついて、無駄に時間と体力を浪費し、
狙う必要のないローソク足にエントリーして、ロスカットをしてしまう

金と時間の究極の無駄遣い

から、さよならすることが出来ました。


あなたが狙う


基準足


しっかりと定め、その中にある最高の優位性を狙っていきましょう。




Posted bydice-k

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply